保険の見直しは大きな節約

家計の出費の中から固定費を見ていると一番大きいのが、家賃や受託ローンの返済などの住まいに関すること、二番目は「保険」ではないでしょうか?
節約をするにあたって保険の見直しは非常に有効です。
しかし保険の仕組みを理解していないと必要な保険がなくなってしまうこともあります。
キチンと理解して賢く節約していきましょう。

保険の種類

個人に関係している保険には大きく「生命保険」「自動車保険」「火災保険」があります。
健康保険や年金などの社会保険については節約術からは考えないでおきます。
見直すべきは民間会社の保険です。

保険のタイプ

まずは自分自身の保険について考えてみましょう。
それにはどんな時に保険金が支払われるか知る必要があります。

生命保険・死亡保険

万が一なくなってしまった時に保険金が支払われるものです。

医療保険・がん保険

病気で入院してしまったとき、がんと診断されてしまったときに保険金が支払わるものです。

年金保険

ある一定期間保険を支払ったら積み立てたお金を受け取ることのできる保険です。

生命保険の仕組み

保険のタイプは分かりましたね。続いて仕組みについてです。この部分を理解しておくと見直しのときに戸惑わなくてすみますよ。

終身保険

一生保障してくれるタイプの保険です。保険金は変わらず、そして支払う保険料も一定です。ある一定期間支払いが終わると、その後は保険料を支払うことなく保障が一生続きます。積立の保険なので解約すると解約返戻金が戻ってきます。
保険料は高いですね。

養老保険

ある一定期間保障してくれるタイプの保険です。保険金も支払う保険料も期間中は変わりません。保険期間が終了するとそこで保障は終了で、その代わりに満期金が戻ってきます。
保険料は終身保険と同じく高いです。

定期保険

こちらもある一定期間保障してくれるタイプの保険です。養老保険と違う点は満期金がなく、解約しても戻ってくるお金はないということですね。
保険料は安いです。

《注意》定期付終身保険は終身保険ではない

ここまでお読みになられた方はご自身の保険証券は理解できるかと思います。ただお手元の証券が「定期付終身保険」だった場合は注意してください。
終身保険と定期保険が合体しているもので、それぞれの割合を確認しておいた方がいいでしょう。

なぜ保険に加入しているのかを考えよう

自分がなぜその保険に加入しているのかを考えてみましょう。万が一のことがあったときに家族にお金を残すためですか?その場合は本当にいくら必要なのか考えてみましょう。ポイントは月々の保険料の支払いから考えるのではなく、いくら残したいかを考えることです。
その時に忘れてはいけないことは健康保険や年金などの公的な保障についても考えてみましょう。

保険の見直しはファイナンシャルプランナーに相談しよう(まとめ)

最近では保険もネットで加入できるようになってきましたが、中途半端な知識で行うと危険です。ファイナンシャルプランナーも多くいるので、一度相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です