やらなきゃ損!ふるさと納税

確定申告の時期が近づくと、個人事業主の方や副業をしている方はバタバタすることかと思います。
このときに前の年に「ふるさと納税」で納税した分を寄付金控除に記入するのを忘れないようにしましょう。
このようにふるさと納税をうまく利用することによって、節税をすることができるのです。

ふるさと納税ってなに?

名前はよく聞くかと思いますが、実際にどのような仕組みか分かっていないかもしれません。簡単にですが説明いたしますね。
ふるさと納税とは、日本各地の自治体に寄付することです。
自分の住んでいる市町村以外の自治体に対しても納税することができます。
しかもその見返りとして、ほとんどの自治体では特典がもらえます。
お肉とかお菓子とか食材が多い印象ですね。様々なものがあるので自分が欲しい特典の自治体にふるさと納税してもいいかと思います。

ふるさと納税の節税効果

ふるさと納税したお金は「寄付金控除」として節税することが可能です。
注意点としては2000円は自己負担として、それを超えた分が控除の対象になります。

ふるさと納税の上限

ふるさと納税で寄付可能な上限というのが定められています。基本的には自分の年収から算出されるのですが、この計算が非常に複雑です。しかも毎年変わります。
ふるさと納税を行う直前に確認してみましょう。

会社員の方は確定申告が不要

2015年以降、会社員の方はふるさと納税を行った分の確定申告は不要となりました。
「ワンストップ特例制度」という申請書類を提出すれば、確定申告は不要です。
もちろん他の理由で確定申告する必要がある人はキチンとやってくださいね。

ネットで簡単!ふるさと納税

最近ではネットを利用して数分でふるさと納税を完了させることができます。

数十分もあれば簡単にふるさと納税できますので、ぜひ利用してみてください。

やらなきゃ損!ふるさと納税(まとめ)

ふるさと納税については細かい部分は色々ありますが、節税になって特産品がもらえるということだけでも覚えておけば大丈夫かと思います。
お得な方法なので、ぜひともご利用くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です